Menu

デジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayの選択肢

いまデジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayという選択肢も当然出てくるでしょう。

あなたはデジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayについてどの程度知識を持っていらっしゃるでしょうか。

ディスプレイ レンタル

デジタルサイネージ・digitalsignageの需要

デジタルサイネージ・digitalsignageは、いままさに、いろいろなシーンで利用され、街には、
デジタルサイネージ・digitalsignageにあふれています。

ANiUTa(アニュータ)では、屋外にデジタルサイネージ・digitalsignageを設置しています。完全屋外防水仕様。47インチ縦型ハウジングスタンドです。

また、 テイジンメンズショップ銀座本店では、 屋内仕様。47インチ縦型可動式スタンドのデジタルサイネージ・digitalsignageが利用されています。

さいたま新都心コクーンシティでは、屋内仕様。47インチ縦型可動式スタンドのデジタルサイネージ・digitalsignageが利用されています。

デジタルサイネージ・digitalsignageの選び方

はじめてデジタルサイネージ・digitalsignageのディスプレイ・displayという方々は、どのような商品を選択していいかなかなかわからないのではないでしょうか。

まず、決め手は、「屋内使用」か「屋外使用」かです。

デジタルサイネージ・digitalsignageを一体どこで使用するのかはとても大事なポイントですね。屋内使用タイプのデジタルサイネージ・digitalsignageは、店舗・テナントの中など、雨風の影響がない場所で使用します。

そのようなデジタルサイネージ・digitalsignageは、基本的ディスプレイ・displayの輝度は、700カンデラ以上程度のものであれば視認性も確保でき、また防水機能が必要ないため比較的リーズナブル価格です。

一方で屋外使用のデジタルサイネージ・digitalsignageは、店舗の軒先といった完全屋外のシーンで使用するため、防水機能がある必要があります。

ホコリにも強い設計である必要があって、太陽光下では1200カンデラ以上の輝度がいいでしょう。

ディスプレイ・displayも太陽光に耐えられるものを使用するため屋内使用タイプよりは高額になります。

また、デジタルサイネージ・digitalsignageは、スタンドタイプ、壁掛けタイプ、その他のタイプ?……あたりのこともしっかり考慮してレンタルしなければならないでしょう。

また、輝度(カンデラ)も選択肢のポイントです。